たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  西東京市 西東京市

2011年12月31日

今月は残念ながらふらっとはありませんでしたが。



 

 (写真は田無ソーシャルメディア研究会、事例発表の時の自分(筆者)、参加された方が撮られたのをいただきました)

 初めに前のひきこもりの催し物 http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e202396.html についての記事を少し修正しました。
 修正は朗読会の後のプログラムについてです。
 友人からの連絡の感じでは、いわゆるフリースペース的なことはしないということで
参加される場合は朗読会の趣旨というか目的に踏まえて参加してもらいたいみたいです。

 個人的にこのときになって急に慌ただしくなって、ブログを書くとかいうことではなくなってきたのですが、今月は残念ながら、ワンクル(改めて書くとオンリーワンクルーの略称、以降これで)  http://only-one-crew.com/ 単独の行事はありませんでした。
 毎月やっているふらっとの代わりの行事と一応していた(結局ワンクルの公式行事は無しに)、自分も発表をした田無ソーシャルメディア研究会の事例発表&交流会と今年のワンクルについて少し書いていこうかと。
 まずは、田無のことから。
 12月17日にワンクルの代表の鈴木さんが関わっている、田無ソーシャルメディア研究会の発足一周年詳しくはこちらなどへ 
   http://blog.livedoor.jp/tanashi30/archives/52238127.html 
   http://www.facebook.com/tanashi30
ということで行われたもので、自分も事例発表にこのブログの事で発表をしてきました。
 発表の前に所用が入って、プログラムの変更もあり、会場について急に自分の発表をすることに。
 時間は15分位と短く、ざっとワンクルの紹介とブログを書くことの感想を話して、なんとか終わりました。
 今年は数回人前で話す事があったのですが、もう少し内容を事前にまとめないとという感じになるけど、そういうのが苦手で、なにしろテスト勉強も苦手(テストの事前に勉強するというのが)で。
 ただ、何回かすると、人前に立つことはなんか出来るように。
 ワンクルの紹介以外の話した内容を大雑把に書くと、表現(大袈裟に書くと)、情報の発信、となると、やはりブログがよく、SNSは関係性を構築することが主のものであろうと。
 関係性の構築ということだと、他の方の発表はその辺にポイントを置いていたように感じました。
 この事例発表(交流会も)については別の機会に別のところでまた書こうかと。
 事例発表の後は交流会ということで、ちょっとした立食の飲み会に。
 ふらっととは少し勝手も違いますが、楽しく。

 今年のワンクルは終わったので、今年の事で少し。
 特に今年に何かあったという事ではないけど、幾つか。
 まず、一つは催し物にワンクルとして二回ほど参加した事が。
 通常はエンカウンターグループ的なことしかしてないので、活動というか、それ以外の実際に何かをするという経験が出来て良かったのですが、なんかワンクルとしてのグループの限界(それがわかるのは悪いことではない)も。
 このことについては一つあるのだけど、今度に。
 もう一つはメンバーの中とかでそれぞれ動き(ワンクル関連でも、私的な事でも)がでてきたかなと。
 例えば、ブログの記事の体験発表や朗読会企画とかから、ワンクルとは関係ないけど、新しいことを始めたりする人がメンバーなかで多かったかなと。
 何かそういうことが来年のワンクルにどう反映されるのかなというように今思っています。
 来年から何かを始めるメンバーもいると思いますし、色々とワンクル外でも動いてると、ふらっとにも反映されてくるだろうと。
 かなり、雑然とした文章だけど、自分としては年内にいったんしめておきたいと思い記事を書きました。
 年内に書くとも書いていたので。
 自分の事ですが、急に落ち着かない年末になってしまったので、年明けに改めて色々と書けたら書いてみたいと思いますので、よかったら読んでください。
 あと、先月のはふらっとはあり、レポートも書いたので よければ、こちらも http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e200595.html
最後に今年、このブログを読んでくださった方、どうもありがとうございました。
  


  • Posted by 平田よう at 01:39Comments(2)

    2011年12月21日

    来年2月25日にひきこもりの催し物があります。

     この前の土曜日(12月17日)はブログにも書き込んでいた田無ソーシャルメディア研究会のイベントにいってきました。
     ワンクルとは指向は違いますが、それもよく。
     自分がすることになっていた、事例発表もなんとか終えられて。
     今年のワンクルの公式行事もこのイベントで最後(一応、このイベントがワンクルの忘年会の代わりになってました)と。
     きちんとしたレポートは今年のワンクルというテーマもからめて今月中に記事を書こうと思います。

     本題に入っていきますが、先月に体験発表を行った、ワンクルメンバーでもある友人からひきこもり関係のイベントのお知らせをいただきました。

    イベントの概要は

     引きこもりの当事者とひきこもりの子を持つ親による手紙やエピソードの朗読会。

     日時:来年2月25日(土)15時~18時
     会場:光明寺(東京、港区、神谷町)
     参加費 一般500円、当事者200円

     朗読会の後は個別相談と質疑応答、参加者同士の交流、フリートークがあり、都合良ければご参加くださいとのことです。

     イベントでの手紙(詩、作文も可)も募集しているとの事です。



     主催:五育総合研究所、チョコシゴ
     
     問い合わせ
     五育総合研究所 手塚奈緒美
     Mail : syakuson703@yahoo.co.jp

     今のところは自分もイベントの詳細はこれしかわからないのですが、手紙の朗読会というのは興味深いです。
     また追加の情報が入りましたら、ブログの中で触れていきます。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村  


  • Posted by 平田よう at 21:13Comments(0)

    2011年12月13日

    第141回ふらっと 11月19日@パスレル保谷




     (写真は一緒に来ていた鈴木さんの次男、つかまり立ちができるように)

     いよいよ今年も12月に入って残りわずか。
     なぜか、レディオヘッドのベンズ(知っている人なら書くまでもないUKロックの有名バンドの作品)を聴きながらこの記事をあげていますが、気候も冬らしく。
     つい最近のことですが、武蔵関のボロ市に行ってきました。
    地域に根ざした、中規模でお寺と結びついたお祭りでふんいきがあってよかったです。
    少し詳しくはこちらに書いてあるので、よかったらどうぞ、 http://irumanozakki.tamaliver.jp/e200428.html
    あと、ブログの記事にもあるワンクルメンバーの体験発表も無事終わったようです。
    行ってきた方の談によるととても良かったみたいで。
    http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e196197.html に記事に行ってきた方のコメントがあります。

     時期がら忘年会なども多くなってきていますが、ワンクルでも毎年12月は忘年会を行っています。
     今年は今書いている時点では未定ですが、どうやら今月末に開催するらしいです。
     まだ未確定なのでどうなるかはよくわかりませんが。
     ただし、もう間直ですが、前回のブログの記事に書いた田無ソーシャル研究会の交流会があります。
     筆者もどういう風の吹きまわしかほんの少し発表を。
     間に合うかわかりませんが、興味がある方は一応こちらへ http://www.facebook.com/event.php?eid=281555731884970 

     12月という時期がら色々と集まりもあって、お酒を飲んだりという機会も多いと思います。
     行きたいものから、でざるおえないものまであって。
     ですが、先に書いた田無ソーシャル研究会の交流会とワンクルは得るものもあると思いますので興味がある方は来ていただければ。
     気分はいまひとつと書いたけど、自分の捉え方次第なんでしょうけど。
     なぜ、そのように捉えたのかがポイントで大切かもしれません。
     だけど、いまひとつという体験をするのも有意義だとは思いますが。

     ようやく、本題の11月のふらっとのレポートに入っていきたいと思います。
     参加者は10名以内のコンパクトな会となりました。
     今回話されたことは、いつもそうなんだけど、色々と。
     齢を取ったせいか、記憶がぼやけていて、前はもう少しはっきりしていたのだけど。
     もう少し早くレポートも書かないと。
     そんななかで話を聴きながら感じたというか印象に残った、思い浮かんできて、今回のポイントになったことは、自分の受容の仕方とでもいうことだった気がします。

    自分なんかもそうだし、そういう人も多い…、よっぽど恵まれた人でない限り、生きていれば思うようにいくものではなく、挫折したこと、思うようにいかないことは数限りないし、ようは自分の人生は思うようにいかないもので。
     そういったことをどのように受け止めるか、捉えるか、その先へと進んでいけるのかみたいなことが話題に今回出ていたような気がしました。
     もう一つのいい方をすると、生きている中で起こる様々な出来事に対する対処法についてということかもしれまし。

     もっともそうに、文字にして書いてみるのは簡単なんだけど、自分の身の事に引き寄せて考えるのは難しい。
    だけど、それが出来ないとなかなか先に進んでいけない。
    それが、出来てなくとも生きていれば時間は進んでいくので、物理的には先に進むけど、精神的にはどうなのでしょう。
     きちんと前に進んで行けている人というのは、自分を受容することができているということを今回話されていることを聴いて感じました。

     それは、人生においての様々な出来事に対しての対処できる、してきたということでもあると。
     この自分を受容するというのはカウンセリング理論(代表例としたらロジャーズとかフランクルとなるのでしょうか)なんかではよくいわれているようですし、大きなテーマになっていると思うのですが、人生に前向きに動いて行けている人というのはカウンセリング理論的な考え方が自然と身についているような気がします。
     カウンセリング理論自体が人生の様々な出来事に対する対処法という部分もありますし。

    たいそうな事がいえるような身でもないですが、オールオアナッシングでしか自分を捉えられないときつい。
     それは、生きていて全てが上手くいくことなどほとんどないので。
     似たようなのに結果が全てというのも。
     それは他人に厳しく自分にも厳しい人なのだろう(であるべきである)と思うけどきつい考え方だろうと思う。
     いい結果が出ることは限らないし、自己否定にさいなまれて、自分を肯定する事が難しいような気が。

     だけど、受容するといっても都合のいい部分だけをみるということではなく、自分の全てを受け入れていくという事で。
    それは、今うまくいっているからだろうというかもしれません。
     実際そうなんでしょう、渦中の真っ只中にいるときに冷静に自分の状況をみられる人なんぞいないでしょう。
     だけど、自分の事をきちんと受容出来ている人というのは渦中を乗り越えることが出来て、乗り越えた時はそれをきちんと捉えて、先に進んでいけていると思います。
     自分もそうなりたいとは思いますがなかなかというところで。
     あと、今回のふらっとでは、もう一つ話題がありました。
     書いていて思い起こしたんだけど、それは広い意味での人間関係についてでした。
     これもテーマとしては面白いのだけど、もうワードもう1ページ分ぐらいかかってしまいそうだし、1ブログ1テーマということにしてるので。
     テーマが多岐にわたると盛りだくさんになって。
     今回のテーマとも連関があって、自分に対する見方と他者に対する見方というのは同じになる傾向があるのでは。心理なんかだとそういうふうにいわれてたような、対象把握とか。
     そういうのは関係構築の在り方にも影響していくような気がしますが、今度に。

     書き始めにも書いたけど、ワンクルの忘年会が今年もできるといいです。
     決まりましたら、ブログにも日程を書こうかと。
     書き出しにレディオヘッドのありますが、久々に聞いてみるとシンプルなギターロックでなかなか。

     オンリーワンクルーについてはこちらへ http://only-one-crew.com/





    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村  


  • Posted by 平田よう at 21:44Comments(0)ふらっとレポート

    2011年12月08日

    12月のワンクルは…





     (上の写真は11月のふらっとでのもの)

     やはり、12月ともなると冬らしくなってくるもので寒さを感じるこの頃です。
     初めに、先のブログの記事に書いたワンクルメンバーの体験発表ですが、それに行った方の報によれば、無事終わったようです。
     内容も充実して有意義だったとの事です。
     実際に行った方のコメントが http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e196197.html にあるのでよければそちらを。

     今月のワンクルの活動ですが、本体(といってもふらっとぐらいですが)今のところまだ未定です。
     ただ次のものがあります。
     代表の鈴木さんが関わっている田無ソーシャルメディア研究会というところのもの(一応ワンクルも協力団体です)なのですが、以下、

     田無ソーシャルメディア研究会1周年記念イベント
     「私のソーシャルメディアとのつきあい方と地域参画」
      事例発表 & 交流会(忘年会)

     日時:2011年12月17日(土) 会場:コール田無

     詳しくはこちらを http://www.facebook.com/event.php?eid=281555731884970 誰でもみられると思います。

     申し込み等についてはいま一つわかりませんが、多分まだ大丈夫なのではと。

     筆者も少し発表をする事に。

     あと、11月の報告は15日までに載せる予定です。
     
    オンリーワンクルーについてのことはこちらを http://only-one-crew.com/


      


  • Posted by 平田よう at 22:02Comments(0)