たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  西東京市 西東京市

2012年03月31日

取り急ぎ、3月のふらっとが終わりました(2012.3.25)





 取り急ぎ、3月のふらっとが終わりました。
 今月は日曜日ということでしたが、参加者数も普段とあまり変わらず。
 ただ、二次会はなく、のんびりとした感じがした会でした。
 きちんとした、本レポートは4月中頃までに書き上げたいと思います。
 3月のレポートはまだですが、前回の2月のふらっとのレポートはこちらに
 http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e211116.html

 オンリーワンクルーとふらっとについての、問い合わせ等々はこちらに
 オンリーワンクルー  http://only-one-crew.com/index.htm
 Only One Crewは、2003年6月より、西東京市にて、人間関係の練習などを通じて、自己表現の向上を目指しています。
 不登校、ひきこもり、NEETはもちろん、その枠に囚われることなく生き方を模索する人、生きるヒントを探す人、自分の居場所を探す人、本音で語りたい人、そんなすべての人を対象として、交流や親睦を目的に作られた場所です。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  


  • Posted by 平田よう at 00:12Comments(0)

    2012年03月20日

    第143回ふらっと 2012年2月25日@パスレル保谷





     天気は春に向かって寒い日あり、暖かい日あり、花粉が飛ぶ日ありと、目まぐるしく変わって、また1月に続いて、2月も雪が降り。
     寒さもだいぶ緩んできて、咲くのが遅れているそうですが、梅の花も見かけるようになって、勤め先の敷地の中にふきのとうが出ているのを見かけたりすると早春といった感じがします。
    このまま春へと向かっていくのでしょうか。
     
     私的な話題なのですが、音楽を聴くのが好きで大手のCDチェーン店にはよく行っていて、最近は円高もある(その他はネット配信の影響もあるのか?)のか発売から少しすぎた作品の輸入盤が一枚千円ぐらいで売られていて、近頃も幾つか買ってしまい。
     80年代のニューウェーブ物は結構買っていて、その中からプリファブ・スプラウトのスティーブ・マックイーン(85年作品)を買ってよく聴いています。
     よしもとばなながこの作品ではないけど、このグループの作品の歌詞とタイトルを自分の作品で引用してたりもする、スコットランドのグループですが、ひんやりとした音作りが気に入っています。
     興味のある人は聴いてみても損はないです。







     本題に入って2月のワンクルとふらっとの事にいこうと思いますが、2月のワンクルはふらっと以外にブログでも書いているように、西東京市NPO市民フェスティバルにワンクルで参加してきました。
     詳しくはこちらに http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e207882.html

     2月のふらっとの事に入っていきますが、その前にブログの記事  http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e202396.html  にもある、ワンクルの関係の友人が関わり、ふらっとの当日にあった、引きこもりの当事者とひきこもりの子を持つ親による手紙やエピソードの朗読会にいってきたので、その事を少し書きたいと思います。 
     こちらは主催者のリンク http://goiku-goiku.jimdo.com/%E3%82%A4%E3%83%99%E3%83%B3%E3%83%88/

     会場は東京タワー近くの浄土真宗のお寺でした。
     参加者は10から15名ほどで親御さんが10名ぐらいでしたでしょうか。
     会の内容は演目のように、当事者とその親御さんが書いた手紙を基にして、参加者で考えて意見を述べていくというもので、ゆるめのグループワークのような感じで、とてもいい内容のものでした。







     手紙は当事者/親の実感のこもった内容で、聴きながら自分の経験/体験とを比較してみたり。
    参加者の発言も同様で、こういった会の意義はそこにで、自分の例と比較して客観的に考えることができるのが、良さです。
     手紙と参加者の発言の内容にも触れると、やはり親子関係は大きいと感じました。
     それは引きこもりの要因の面とその状況に陥ったことで関係に与える影響とがあって、やはり親子の関係は詰まってしまうものなんだろうと。
     詰まった関係を緩和するというのも、大事で今回の会やその他の様々な関連グループの活動というのが、必要と思います。
     
     この会の後にふらっとに電車を、乗り継いで保谷まで行き、さらに歩いて会場のパスレル保谷まで。
     着いたのは7時辺りで、会も中頃でした。
     参加者は10数名ほどでしたが、子供が数人。
     パスレルに着いてみたら、Nさんと子供たち数人が遊んでいたので、何なのかと思ったのですが、その訳は鈴木さんの奥さんの知人の子供が遊びに来ていたそうです。
     パスレルは広いし、音を立てても、そこそこ大丈夫なので、子供の遊び場としては格好の場所でよかったのではと。
     メンバーも子供が騒ぐのを気にする人もいませんし。
     いつも、鈴木さんのお子さん達も来ていて、子供連れの方もふらっとは大丈夫ですので、是非どうぞ来てください。
     だけど、子供っていうのは元気で、なんかいいです。 
     そんなことで、今回は子供達で賑やかなふらっととなりました。
     毎回そうですが、今回も子供達が遊ぶ中で話しが進んでいきましたが、いつもと違うことが一つあり。
     今回は会話の様子を来ていない人に向けて、録音してネットで配信してみようかということで、実際にやってみました。
     
     配信はこちら
      http://twitcasting.tv/collabo/movie/3824229  が1本目
      http://twitcasting.tv/collabo/movie/3824466 が2本目です。



     
     実のところは自分の話しているのを聞くというのは気恥ずかしく、また案外時間もある(二つ合わせて1時間ほど)ので配信はまだ聴いてなく。
     おぼろげな記憶ではなんか色々と話していて、なんか話し過ぎたかなという感じが個人的には残っていますが。
     実際聴いてもらうと、どうなのかというのが分かるので、聴いていただければ。






     このブログは来ていない人の方が多くみているはずで、その中でも未参加の方もいると思いますが、ふらっとの特徴とか感じがでているはずです。
     ただ、二次会でもメンバーから話がでたけど、抽象的な話題が多く、会話のための会話という感があり、その辺りはいつもという訳ではかなと。
     そういう会話は多いし、メンバーも好みますが、もう少し実感のこもった会話や話題も多いです。
     反対に本当に他愛もない会話もよくある。
     話題が両極的になる感じで、それがふらっとの持ち味というところなのかもしれません。
     ふらっとの話題は多様で、そのときの集まった参加者によって、違ってくる。
     今回のふらっとも子供達が賑やかに遊んでいる中で、大人が抽象的な会話をして楽しんでいるという、両極的な感じでした。
     配信があるので、そちらを聴いて色々と感じていただければと。
     ふらっとという場の参考になればと思います。

     3月のふらっとはもうすぐの3月25日の日曜日、17時30分からです。
     こちらにも書いてあります http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e210729.html

     オンリーワンクルーとふらっとについての、問い合わせ等々はこちらに
     オンリーワンクルー  http://only-one-crew.com/index.htm
     Only One Crewは、2003年6月より、西東京市にて、人間関係の練習などを通じて、自己表現の向上を目指しています。
     不登校、ひきこもり、NEETはもちろん、その枠に囚われることなく生き方を模索する人、生きるヒントを探す人、自分の居場所を探す人、本音で語りたい人、そんなすべての人を対象として、交流や親睦を目的に作られた場所です。




    よければ下のバナーをお願いします。
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村  


  • Posted by 平田よう at 21:24Comments(0)ふらっとレポート

    2012年03月17日

    3月のふらっとは3月25日の日曜日です。

     3月のふらっとの日時が決まりました。
     3月25日の日曜日、午後17時30分から20時30分ぐらいまでです。
     場所は西東京市のパスレル保谷(のはず) http://www.passerelle.or.jp/
     パスレル保谷までのアクセスですが、西武池袋線の保谷駅から以外にも、西武新宿線田無駅、西武柳沢駅近くの柳沢通りバス停、中央線吉祥寺、三鷹駅から、西武バスで保谷駅/天神山行きで保谷庁舎まで行くというのもあります。
     
     申し込みは前日までですが、多分、そのまま直接来ても大丈夫(ただし自己責任で)だと思います。
     念のために書いておくと、3月は土曜日ではなくて、日曜日です。

     2月のふらっとのレポートはもう少し先で20日までには書き上げる予定です。

     ちなみに1月のものはこちらに http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e205224.html

     2月の参加者の写真だけならこちら、 http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e208743.html

     ふらっとについての正式な参加の問い合わせ、申し込み先などは、こちらに

    オンリーワンクルー  http://only-one-crew.com/index.htm
     Only One Crewは、2003年6月より、西東京市にて、人間関係の練習などを通じて、自己表現の向上を目指しています。
     不登校、ひきこもり、NEETはもちろん、その枠に囚われることなく生き方を模索する人、生きるヒントを探す人、自分の居場所を探す人、本音で語りたい人、そんなすべての人を対象として、交流や親睦を目的に作られた場所です。  


  • Posted by 平田よう at 00:24Comments(0)

    2012年03月08日

    即席音楽会のお知らせ

     雪が降ったかと思うと、春の陽気の日があり、雨あり、杉花粉が飛びと先週から天気がよく変わっていきます。
     そんな少し前ですが、2月のふらっとが終わり、
     写真はこちらに http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e208743.html

     西東京NPO市民フェスティバルにワンクルのブースを出し、詳しくは http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e207882.html
        
     昨日の事ですが、先日の朗読会をやったワンクルメンバーの友人から即席音楽会のお知らせのメールをもらいました。
     紹介してもいいということなので、紹介を。
     以下、友人のメールから一部抜粋編集。
     
     来週13日(火曜)の朝9時から12時まで、台東区の生涯学習センターにて自分の得意な楽器を持ってきてもらい、レッスンをして最後にみんなで合わせるという企画をします。かなり無茶な企画ですが勿論楽器弾けなくても大丈夫です。よかったら遊びに来てくださーい
     世界に一つだけの花とビートルズのハロー&グッバイをやります。
     参加費500円(スタジオ代)

     申し込みは10日までとの事だそうです。

     最後に2月のふらっとのきちんとしたレポートは3月15日か17日辺りまでに。
     1月のふらっとのレポートならこちら、http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e205224.html

     オンリーワンクルー http://only-one-crew.com/index.htm
     Only One Crewは、2003年6月より、西東京市にて、人間関係の練習などを通じて、自己表現の向上を目指しています。
     不登校、ひきこもり、NEETはもちろん、その枠に囚われることなく生き方を模索する人、生きるヒントを探す人、自分の居場所を探す人、本音で語りたい人、そんなすべての人を対象として、交流や親睦を目的に作られた場所です。


     


        


  • Posted by 平田よう at 20:23Comments(0)