たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  西東京市 西東京市

2012年11月24日

第151回ふらっと泊り企画@コロット 2012年10月27日





 写真は会場からの帰路の光景

 今回、10月のふらっとはお泊り企画。
 去年は奥多摩の氷川キャンプ場での日帰りのバーベキュー(余談…なぜかこの時のブログの記事のアクセス数が一番多い。どうも氷川キャンプ場で検索にかかるよう)でしたが、毎年9月に行っていて、今回は一年振りに企画を行いました。
 今までに奥多摩のキャンプ場、長野に移住したメンバーさんのお宅、秩父の民宿、西東京のメンバーさんのお家と色々な所でやってきましたが、今回の企画を行った場所は、所沢の西武ドームの近くのcolot(コロット)  http://www.corot.bz/ という古民家を使った、宿泊等ができる場で行いました。
 その今回の企画をする事になった古民家ですが、運営者の方に直接聞いた訳ではなくて、又聞きなので正確ではないかも知れませんが、築100年ほどの物だそう。
 100年前というと大正元年前後というあたりで、中国では辛亥革命が起こり、それと第一次世界大戦の直前で、日本では政党政治へと転換しつつある頃という感じなのですが。
 時代の変わり目だったというか、明治維新が過去になって、近代から現代へと移っていく頃とでもいうのでしょうか。
 古民家というだけあって、やはり色々と昔のものもありました。

 まずは土間。
 















 次に、五右衛門風呂。
 実際に夜に入ってみました。
 さすがに釜戸で薪を熾すところからはせず、蛇口からお湯を張って入ったのですが、風情があって良かったです。
 使い方の問題かもしれませんが、五右衛門風呂というと中蓋を下に敷いて入るのですが、中蓋が結構浮き上がってきて。
 釜戸でやった訳ではないから、敷く必要はなかったけど、体験したくて敷いてみたのだけど。










 そして、囲炉裏。














 実際に煮炊きをした訳ではなくて、炭で火を熾して風情を味わっていただけだけど、鈴木さんの長男が興味津々で写真のようにパタパタと団扇で扇いで火の番をしておりました。
 













 肝心の今回の会のことですが、参加者は13名ほど。
 初参加の方も2名おりました。
 




 今回は久々に参加者で鍋を食べました。
 かつては、ふらっとでは鍋を毎回食べていたのですが、ふらっとで鍋を食べるのは多分4,5年振りでは。












 畳敷きの大部屋に皆で机を並べて準備をして、鍋を食べ初めて。















 鍋を食べながら、言葉を交わし。
 言葉を交わさなくとも、その言葉を聴きながら鍋を食べると、美味しさも一段と感じて、食も進み。
 今回の鍋の中身は、以前のふらっとで食べていた鍋はキムチ味でしたが、今回は多分鶏肉の塩味の鍋。
 以前は鍋を…とブログでも書いたことがあるような気がしますが、本当によく食べていました。
 鍋の美味しい、冬の寒い時期だけでなく、夏の暑い時期も。
 汗だくになって食べて。
 それもなかなかよく。
 暑い時期に鍋というと、時季はずれという感もありますが、なんか江戸時代は暑い時期に暑いものを食べていたという話しがありますし。
 どうでもいいことだけど、理由は食中毒対策だったようだとのこと。





 話しは戻して、以前のふらっとでの鍋の効用というのは大きかったと感じます。
 やはり、美味しい食べ物をお腹いっぱい食べて、満足すると心も満たされて、場も和む。
 和んだ場では交流も進む。
 あと、食べ物があると、話すのが苦手であっても場にいられるのですね。
 周囲の会話の中に入っていけなくとも、手持ち無沙汰にならないくて、場にいられやすい。
 初めは、周囲の様子を窺いながら、鍋を食べ(それとお酒を飲むこと)に来ることが主で。
 少しずつ場に慣れてきたら、今度は少しずつ会話を増やして輪に入っていく。
 鍋があることで、そういう事もできたりした訳です。
 少なくとも筆者の場合はそうでした。
 いや、違うかもしれません、どちらかというとお酒を飲みに来る事の方からかも。
 話しが逸れるのかもしれませんが、グループの中に入るときとか、そのグループのキーパーソンと関係が作れるといいように感じます。
 
 鍋を食べ、お酒を飲み、会話をして、時間は過ぎてゆき。
 時間が10時半に差し掛かった辺りで、名残惜しいのですが、日帰り組みが場を去ることに。
 
 泊まり組みはさらに、会を進めて。

 鍋はもちろんのこと、お酒も飲み干して。















 だんだんとよく分からなくなっていき。















 一人、二人と布団を敷いて寝床に。
 この感じも、以前のふらっとの感じです。
 今回はお泊り企画といってますが、以前はほとんど毎回泊まりでやっていた時期がありました。
 泊まりの企画というのは、いつもの会場と違うところでやるという企画といった感じでしょうか。
 真夜中に話しをするというのは、どういう訳か妙な楽しさがあります。
 非日常的な感じが、そうさせるのでしょうか。
 多分、最後まで起きて話していたのは、筆者とKさんだったのではないでしょうか。
 なんかよくわからない話しをしてましたが。






 朝になり、昨晩のことを振り返りながら、皆で朝食を。
 片付けをして、会場を去ることに。













 最後までいたメンバーと集合写真。

















 帰り際に、ときは暗くてわからなかった敷地を観回してみる。
 写真は無いけどヤギもコロットにはいました。

















 そして帰路に。
と、そんな感じでお泊り企画は終わりました。
 意図したのか、そうでないのかはわかりませんが、今回のふらっとは以前のふらっとを再現したようで、筆者にとっては追体験したような感じがしました。
 この記事を載せる日はふらっと当日になってしまったので、ここら辺で終わりにしたいと思います。

 オンリーワンクルーは、2003年6月より、西東京市にて、人間関係の練習などを通じて、自己表現の向上を目指しています。
 不登校、ひきこもり、NEETはもちろん、その枠に囚われることなく生き方を模索する人、生きるヒントを探す人、自分の居場所を探す人、本音で語りたい人、そんなすべての人を対象として、交流や親睦を目的に作られた場所です。
 月一回、参加者同士でテーマを特に決めずに話しをする、ふらっとという会を開催してます。

  Only One Crew  http://only-one-crew.com/index.htm
 フェイスブックページ http://www.facebook.com/face.onlyonecrew 


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村  


  • Posted by 平田よう at 15:33Comments(0)ふらっとレポート

    2012年11月07日

    11月のふらっとの日時が決まりました/ハイキングのお知らせ





     (上の写真はお泊り企画の時のもの)

     秋もいよいよ終盤に入り、木の葉も色づいて紅葉が始まりつつあるこの頃です。
    紅葉が終わって葉が落ちると初冬というところでしょうか。
    その少し前に行われた、先月のお泊り企画ですが、無事終わりました。
     初参加の方もいて、また久し振りに鍋も食べ、所沢の古民家で賑やかな楽しいひと時を過ごせました。
     このレポートは後日に。
     
     11月のふらっとの日時が決まりましたので、以下。
     日時は11月24日土曜日の17時から、会場はいつものパスレル保谷
     http://www.passerelle.or.jp/
     飛び入りでも可能(ただし保証はできませんが)だと思いますが、参加の申し込みは前日までにお願いします。
     ふらっとの申し込み、問い合わせはこちらから。
     http://only-one-crew.com/access.htm

     あと、もう一つほどお知らせを。
     先月も行った、ワンクルメンバーとのハイキングに今月も行こうかと考えています。
     まだ予定の段階ですが、計画としてはこんな感じです。
     日時:11月17日土曜日 
     場所:山梨県高柄山
     行程:中央本線四方津駅に午前9時15分までに集合して、四方津駅~高柄山~御前山~上野原駅と歩いていきます。
     ワンクルメンバーでなければ参加できないということはありません。
     参加の申し込み、問い合わせは、このブログのオーナーあてに11月14日水曜日までにメッセージをください。
     ふらっと、ハイキングともに幅広く参加者を募集してますので、お気軽にどうぞ。

     Only One Crew
     オンリーワンクルーは、2003年6月より、西東京市にて、人間関係の練習などを通じて、自己表現の向上を目指しています。
     不登校、ひきこもり、NEETはもちろん、その枠に囚われることなく生き方を模索する人、生きるヒントを探す人、自分の居場所を探す人、本音で語りたい人、そんなすべての人を対象として、交流や親睦を目的に作られた場所です。
     月一回、参加者同士でテーマを特に決めずに話しをする、ふらっとという会を開催してます。

      Only One Crew  http://only-one-crew.com/index.htm
     フェイスブックページ http://www.facebook.com/face.onlyonecrew 

    (下の写真は武蔵村山の里山民家にて)


      


  • Posted by 平田よう at 20:00Comments(0)