たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  西東京市 西東京市

2012年01月26日

第142回ふらっと 2012.1月14日@パスレル保谷





 (写真は話しの流れで始まったスパーリングという組手というか、楽しくやってますので大丈夫です)
 
 最初に一つ。
 来月2月25日(土)にワンクルメンバーが関わっている、引きこもりの当事者とひきこもりの子を持つ親による手紙やエピソードの朗読会があります。
 詳しくはこちらに http://wankurunisshi.tamaliver.jp/e201495.html

 
 1月も半ばを過ぎました。
 この冬は晴れの日が続いていたけど、初雪が降り。
 例年より10日以上遅いようで。
 そうしたら、続いて雪がまた降って。
 夕方から降ってきた雨が雪に変わって夜中まで。
 朝に配達の仕事もしているので、翌朝早く外に出たのですが。
 雪はそれほど積っては無かったけど、路面は完全に凍結状態で、かなり気を遣いながら。
 そんななか、周りを見まわして見ると雪だるま(写真の物は文とは関係ないです)が。
 多分、夜に作ったのだろうなと。
 子供にとっては雪は歓迎なのでしょう。
 そんな雪の降る少し前に開かれた、今年最初のふらっとです。

 今回の参加者は10名ぐらいで、数年振り(5年位前だそう)に来られた方も。
 なんか、嬉しいです。
 新年明けて最初ということで賑やかにというよりは、のんびりとほんわかに今回は始まり、終わったような。
 新年ということで、抱負をそれぞれ話したり、突如スパーリングを始めたり。








 毎回一緒に来ている、鈴木さんのお子さんと遊んだりも。
 今年生まれた次男も動けるようになってきて、ボールを追いかけたりと。













 毎回大体同じようなもので、そんなに始めから語りあうとか、あるいはそう込み入った話題に毎回になる訳でもなく。
 最近はあまり物覚えがやや落ちてきたのか、細かくは何が話題になったのかいまひとつ想い上がってこない。
 だけど、印象としてはのんびりとほんわか進んでいったという感じです。
 今回の参加者の状態というのか、そんなのが現れたのでしょうか。






 何か大きく抱えている人がいる(もちろん、全くない人はいませんが)と、話題もそれに連られて。
 抱えているもの(例えば悩み等々)を表現する、言語化するというのは重要なことで、特にそれを他者に伝え、問い掛けるというとなると、さらに。
 哲学には疎く、あまりきちんとは知らないけど、現象学というのは頭の中にある、まだ言語化されていないものを、言語化して本質に向かっていくものらしい。
 頭の中にあるだけでもいいのでしょうが、言語化することで整理されて、その事柄の核心がはっきりしてくる。
 悩みの場合は、特にそういう行為が必要なのかもしれなく、カウンセリングというのはそれなのだろうと。
 そういうことはユージン・ジェンドリンという心理学者がいるのですが、その人の考えを知ってから、わかったことなのだけど。
 さらに、言語化した悩みをを相手に伝える、他者に問い掛ける、そしてフィードバック、を受けられれば、いいのではと。
 言語化して伝えなければ、相手はわからない。
 わからなければ、相手との間で考えの違いが大きくなり、自分は理解されないみたいな不全感がたまってゆく。
 相手に伝えられなくとも、他者に問い掛けて、フィードバックを受けてみるのもいいと。
 そうすることで、多面的に自分の問題をみれるようになれる。
 言語化して考えを整理するというのは物事の核心を明きらかにできて、意味のあることだろうと。
 ふらっとではないけど、年末に友人達と話をしていて、なんかそれに近い話題が出たことを想い起きて少し書いてみました。
 今、書いたようなことは自分もそんなに出来る方ではないのですが。
 それが、出来ない人というのは気持ちが折れやすい、またコミュニケーションとか人間関係とか苦手かなという傾向があるような気がします。

 話しは少し戻り、5年振りぐらい(確かそういってたはず…)に参加された方がと書きましたが、5年前のワンクルとか、自分の事を振り返ってみると、どうだったかなと…。
 まあ、5年でも3,4年前でもいいけど。
 ワンクルのHPの古いレポートをみてみましたが。
 まだ、花小金井でやっていて、しかも月2回。
 今よりもまだ若くて…今は髪の毛の話題がでるような若者とはいえない面々が集うところになり…皆さん、自分の行き先のないパワーを発散するのか、結構熱くて、写真の雰囲気もそういう感じ。
 自分なんかもそんなところで、緊張しながら参加していました。
 数年はそんな感じでした。
 今もふらっとに来ている方も、今はそうではないけど、当時よく来ていた方とも会ったりすることがありますが、今も数年間の間には人生経験というか試行錯誤もしてきて、なんか表情や雰囲気がいいなと思います。
 今も未熟ですが、当時はもっとで、やはり行き先のないパワー…それは誇大な夢のようなものに近かったのかも…それが今はどうなのでしょうか。
 だけど、今もみんな、現実の中で頑張っています。



 今一度、想い返してみるとなんだったのかなと、あの頃の熱気のようなものは。
 今は今でいいと。
 
 話しを本題の方に戻すと、今回も和やかに進んでいったふらっとも会場の時間となり、いつものように二次会へ。
 いつもは近所のファミレスですが、今回はすぐ近くのカフェで。
 そこも時間となり、駅から離れているのでいつもより少し早く切り上げて今回は終わることに。
 やはり、振り返ってみると、今回は和やかさが印象に残り、新春の時季らしく…年末年始の賑やかさが過ぎて、ひと休みという感じだったのではと思いました。
 



 最後に去年も参加した、西東京市NPO市民フェスティバルにまた参加します。
 日時は2月12日日曜日、田無駅近くのきらっとという所で時間は10~16時まで。
 詳しいことはまた後日に。
 ワンクルのメンバーも来ると思うので、ふらっとはまだ少し行きにくいという方はワンクルにふらっと以外で触れられる機会なので、まだはっきりしてませんがよかったらワンクルのブース来てみて下さい。





 オンリーワンクルー http://only-one-crew.com/

日本ブログ村に参加してます。よかったらバナーを。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村



  • 同じカテゴリー(ふらっとレポート)の記事画像
    今度のふらっとと9月のキャンプ&バーベキュー
    2013年 1~4月ふらっとまとめ
    第153回ふらっとレポートと次回第155回ふらっとの日時。
    12月のふらっとの日時と第152回ふらっとレポート
    第151回ふらっと泊り企画@コロット 2012年10月27日
    第150回ふらっと 2012.9月15日@パスレル保谷
    同じカテゴリー(ふらっとレポート)の記事
     今度のふらっとと9月のキャンプ&バーベキュー (2013-10-16 21:52)
     2013年 1~4月ふらっとまとめ (2013-05-22 18:56)
     第153回ふらっとレポートと次回第155回ふらっとの日時。 (2013-02-03 20:01)
     12月のふらっとの日時と第152回ふらっとレポート (2012-12-21 12:12)
     第151回ふらっと泊り企画@コロット 2012年10月27日 (2012-11-24 15:33)
     第150回ふらっと 2012.9月15日@パスレル保谷 (2012-10-27 13:39)

    この記事へのコメント
    T君ずっとゲーム(DSのマリオ)やってたね(笑)


    言語化の話ですが頭の中の思考を相手に上手く伝える事が出来ない人は人間的に弱いのですね…。

    自分もそうなので何も語る事がない人は何も言いたい事も悩みがないのだと思われてしまうのが悔しいです。

    あと、カウンセリングって人を選びますよね。自分の事をペラペラ喋れる人には有効な手法だと思いますが、いつまでも言葉が出てこない人はかなり苦痛ですね。もっとタイプによって対応を変えたりと柔軟性があればなと思います。
    Posted by XOXO at 2012年01月28日 10:47
     XOさん、この記事の感想の言語化どうもありがとう。
     上手く相手に伝える必要はないと思いますし、そう書いたつもりもないです。
     上手くできることにこしたことはないですが。
     XOさんが書いたように自分の気持ちが伝わらないというのはやはりもどかしく感じます。
     この記事へのコメントのように表現して、相手に自分の考えが伝わるとお互いいいですよね。
     問題が整理されて問題の本質が浮かび上がらせるためには、なんらかの形で、話しでも、記述でも、頭の中でも、言語化するといいと。
     XOさんのコメントを読むと、こうして書くことでXOさん自身の問題の本質というのが浮かび上がっていきていると、感じます。
     
     話しが上手いかよりも、カウンセリングは本人が変わりたい(変えてほしいではなく)という気持ちが大きいと。
     変わりたいという気持ちが弱いと合わせてやってくれていても、難しいし、合わせ過ぎると変わらないです。
     あと、なんといってもカウンセラーとの相性がありますね。
     ないと長くやっても進展がないですね。

     いまの子供は幼稚園でもうDS。
     自分の時はファミコンが出たのが小学5年ぐらいだったような。
     
     
    Posted by 平田よう平田よう at 2012年01月28日 21:07
    ※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    <?=$this->translate->_('削除')?>
    第142回ふらっと 2012.1月14日@パスレル保谷