たまりば

  多摩のコミュニティビジネス 多摩のコミュニティビジネス  西東京市 西東京市

2016年08月03日

7月のふらっと終わりました。





 7月のふらっとも無事終わりました。

 剛さんがレビューを書いてくれたので、掲載します。

 では、以下


 7月30日のふらっとの内容を軽くレビュー。

 今回から初めての参加費300円での開催。

 各自飲み物、食べ物を持参でした。

 みんなが集まったところでテーマトーク。

 テーマは、嫉妬心との付き合い方。処理の仕方。

 若干重たい内容かなと思いつつ、とっても大事なテーマだと思ったので開催。


 みんなの感想をシェア。

 ・今日のテーマトークは愚痴の言い合いになってしまうのではと思っていたのですが、きちんとまとまった話になって有意義でした。

 嫉妬心について多面的に見られて良かったです。

 ・身の丈を知るという言葉が響きました。 (まこっちゃん)

 ・自分では深くは考えたことはありませんでしたが、他の人の話を聞いて考えさせられることがありました。(Iさん)

 ・結局、嫉妬心をなくすことは出来ないので、どのように自分の心と折り合いをつけてやっていくか、そのつけ方が大事だと感じました(Tさん)

 ・嫉妬心との付き合い方は、難しいテーマにも感じましたが、皆さんと意見交換できて勉強になることは多かったです。

 話し合いの大切さがわかりました。(答えはでなくても話し合うプロセスが大切だとわかりました(S.Tさん)


 他にはこんな意見もありました。箇条書きです。

 ●嫉妬を自覚できるようになったのは30歳を過 ぎた頃だったと思う。

 いまでは、負けたぜ~、と思ったり。あいつは才能がある。じょうがねえな。俺は俺でやるしかないなぁ。といった感じ。むかしは1週間とか落ち込んでいたけど、いまは半日で回復する。

 諦めとか、自己受容とかと関係すると思う。

 電車のなかで楽しそうにしている人をみると嫉妬する。

 そんな時は、ワンクルとか同じ悩みを持つ人たちと会うようにしている。

 小さいことを積み重ねていくことが大切。

 嫉妬心というよりも、劣等感を覚えることが多い。

 自分はダメだなと思ったり。

 自分は自分なりにやっていけばいいと思えるようになってきた。

 情けない自分を受け入れることが大事。

 ●自分は自分、人は人。

 「好き」に転換すればいい 。

 ●嫉妬心は、炭酸飲料の炭酸が抜けるかのごとくいつの間にか抜ける。

 以上のような意見や考えも披露されました。


 その後、シャベリカカードで遊びました。

 みんなの内面のことがゲームを通じて知ること、知り合うことができました。

 テーマトーク、次回は何にしようかな?

 何かテーマ候補とかあったらどうぞコメントやメッセージなど下さいね。

 文章・鈴木剛



 Only One Crewについて

 居場所、フリースペース 枠に囚われることなく,すべての人を対象として,交流や親睦を目的にふらっとという会を毎月開催しています。



  • Posted by 平田よう at 16:51│Comments(0)
    ※会員のみコメントを受け付けております、ログインが必要です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    7月のふらっと終わりました。